第一精工株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:小西 英樹、東証第一部 コード番号:6640)は、コネクタ関連の事業ブランド「I-PEX Connectors」より販売するFFC/FPCコネクタEVAFLEX(R)シリーズにおいて、オートロック機構による高い操作性を実現した、0.5mmピッチ水平嵌合タイプ、グランド端子付きの「EVAFLEX(R)5-SE-GHT」を開発いたしました。同ラインナップの垂直嵌合タイプ「EVAFLEX(R)5-SE-GVT」とともに、ワンアクションで挿抜ができ、工場自動化にも貢献できるコネクタです。 事務機器や車載向けを中心に、オートロックタイプのFFCコネクタが多く使用されています。(代表製品:I-PEX EVAFLEX 5-SE, EVAFLEX 5-SE-VT)近年、こうした用途において、機器内の高密度化に伴うFFC接続部の小型化や、伝送する信号の高速化、車載向け高耐熱化の要求に対応する製品が求められています。 当社は、これまでFFC/FPC用コネクタ“EVAFLEX(R)シリーズ”の開発・販売を通じて情報通信機器の高性能化に貢献してまいりました。この度、片手での抜去が可能で、メンテナンス時を含めた簡単で信頼性の高い挿抜作業を実現したFFC/FPC用オートロックコネクタ「EVAFLEX(R)5-SE-GHT」を開発するに至りました。 - 水平嵌合のEVAFLEX(R)5-SE-GHTと垂直嵌合のEVAFLEX(R)5-SE-GVTは同一のFFC端末形状を採用 低背で高保持力を実現!継続的な強い振動などに強いスライド式ロック機構搭載の超低背型アンテナ...